スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山須走口 閉山式を斎行

【平成26年 富士山須走口閉山式を御斎行】

去る9月10日午前10時、当社社殿において、小山町観光協会主催・関係観光団体多数御参列の下、閉山式が滞り無く執り行われた。
閉山式は7月10日に斎行された開山式と対になる祭典である。
開山式が富士山の山開きを行う約2か月間の山小屋様と登山者・登拝者の安全無事をお願いする祈願の祭典であり、閉山式は約2か月間の山小屋様と登山者・登拝者の安全無事を感謝する報賽の祭典である。

すでに過日のブログや公式facebookで何度も触れているように、本来須走口の開山式は7月1日に、閉山式は8月31日に斎行された歴史的な経緯がある。その史実的期間が仮に短かったものであったとしても、富士山が世界文化遺産に登録された時点では、この7月1日・8月31日の日取りであった。
予てより、一部ではこんな声があった。
「開山式を行っても、積雪などで頂上まで登れないことは過去に何度もある。ならば、開山式を後ろにずらして、開山式=登頂出来るようにしよう」
その流れなのか、協議の末、本年は静岡県指導により7月10日・9月10日の日取りとなった。

しかし、結果は皆様の知っての通りである。
本年2月の大雪の影響などにより、7月1日どころか10日になっても雪は解けず、静岡県側の登山道3口(須走・富士宮・御殿場)の全線が開通したのは7月18日以降となった。
さらに、本年は天候不順の日が多く、台風などの影響も多かったことから、山開きの期間が終わってみれば、前年比22%減(静岡新聞より)という結果となった。勿論、天候だけではなく、他にも多くの要因(マイカー規制の強化など)があった思われるが、7年ぶりに25万人を割ることとなった。
尚、須走口では、本年は2万9109人で前年比20.3%減であった。
富士山の環境保全のためには、登山者数の制限は必要とされる一方で、山小屋様など先祖代々に亘って霊峰富士で生活を営んできた方々もいる上で、必要なこととはいえ無理無謀な登山者制限は避けることも考えなければならない。

そもそも、神社という文化・伝統を保持・護持する立場からすれば、富士山が信仰の山・文化の山として登録されたにも関わらず、昔より続いている祭典の日を無闇やたらに動かしたこと、また静岡県・山梨県の協議という足並みが揃わないことに、神様がお怒りになられて、本年のこういう結果を招いたということも考えられる。

入山料やら保全やらも確かに考えなければならない重要な問題ではあるが、あくまで富士山は信仰の山として登録された「世界文化遺産」である。歴史的な立場にも立脚した上で、今後の対策などを考えた頂きたい次第である。

静岡新聞記事

写真は静岡新聞より(朝刊9月11日・22面記事)
スポンサーサイト

8月斎行祭典の御報告

今年の夏、とくに8月は天気が優れず、当社を起点とする富士山登山道・須走口から登られてた登山者からは、頂上付近まで登ることは出来てもあまりにも凄い強風により登頂を断念したり、登頂しても御来光を見ることが叶わなかったなどのお話を多く聞いた。
神事の日=富士山開山式・閉山式をみだらに変えたり、静岡・山梨両県が富士山保全のための建設的な協議を重ねていなかったりすることに、霊峰富士の神がお怒りであるのかもしれない。
いずれにしても、今期に富士登山にて目標を達成出来なかった皆様方に於かれては、ぜひ来年に改めて挑戦して頂きたい。

扨、8月には以下2つの祭典を当社・冨士浅間神社において斎行致したので、御報告したい。

【古御岳神社・山内神社例祭】

去る8月17日、富士山須走口五合目にて鎮座する古御岳神社にて、古御岳神社及び山内神社の例祭が午前10時半より執り行われ、神社役員総代ほか、氏子青年会・地元関係団体様・須走口各山小屋様の御参列の下、滞りなく斎行された。
古御岳神社とは、五合目に鎮座する当社の末社にあたり、御祭神に山の神であり、当社祭神・木花咲耶姫命の父君である「大山祇神」ほか2柱を祀る。
尚、かつては須走口二合目に雲霧神社、四合目に御室浅間神社という末社がそれぞれ鎮座していたが、昭和期後半に古御岳神社に合祀され、古御岳神社とともに例祭を執り行っている。
次に山内神社とは、須走口登山道に鎮座する神社の総称であり、この祭典では六合目・胎内神社、九合目・迎久須志之神社を指す。かつては現地にて祭典を行っていたが、現在では古御岳神社の例祭に合わせ、五合目より遥拝という形式にて祭典を執り行う。
これらの神社については、当社公式ホームページにて詳細を記しているので、ぜひそちらも御覧頂きたい。

P8170039.jpg

【閉山奉告祭・神恩感謝祭】

去る8月31日、例年この日には富士山閉山式が斎行されていたが、予てよりお知らせしている通り、本年は静岡県の行政方針により開山式・閉山式の日はずれ、開山式は7月1日ではなく7月10日に、閉山式は8月31日ではなく9月10日となった。
これに合わせ、当社では古くからの伝統の日に思いを致し、後世に繋いでいくという趣旨の下、7月1日には開山奉告祭を、合わせて地元小中学生や参拝者の書かれた不二短冊の願い事成就を祈願する心願成就祭を斎行した。
閉山奉告祭・神恩感謝祭はこれと対になる祭典であり、閉山前に閉山予定の報告と登山者や山小屋様の安全無事を感謝する閉山奉告祭、不二短冊に書かれた願い事の成就やさらなる発展を神様の感謝・祈念する神恩感謝祭となる。
当日は神職のみで祭典を行った後、社殿前に設けた斎場にて不二短冊の炊き上げを行い、短冊に書かれた願い事のさらなる飛躍・飛翔を祈念した。

今回の開山奉告祭・心願成就祭、閉山奉告祭・神恩感謝祭は当社でも初の試みであり、開山式・閉山式の来年以降の日程によっては今後の継続は検討しなければならないが、少なくとも何らかの形で来年以降も続けていく次第である。
ぜひ皆様からも忌憚ない意見を頂戴したい。

P8310019.jpg DSC_0080.jpg P7070021.jpg

 

プロフィール

富士山東口本宮 冨士浅間神社

Author:富士山東口本宮 冨士浅間神社
桓武天皇の時代・延暦21(802)年、富士山東脚が噴火し、雷鳴・地震が終日止まず人々恐れおののいて仕事も手につかない日々が続いた。

依って国司郡司が人々の憂いを憐れみ、鎮火の祈願を行うために富士山東面・須走の地(現在の社地)に斎場を設け、祭事を行った。

すると、翌年4月初申の日に噴火がおさまった。そして、平城天皇の時代・大同2(807)年、その鎮火祭の跡地(現在の社地)に鎮火の御礼のため神を祀ったと伝える。

当社は、富士山須走口登山道の起点となる「富士山東口(=須走口)本宮 冨士浅間神社」である。
氏子を始め富士山を信仰する人達、富士山を登拝する人々の深い崇敬を集めている。

御祭神は、鎮火・子授・安産・子育の女神・木花咲耶姫命。
合わせて、大己貴命・彦火火出見命の2柱を祀る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。