fc2ブログ

夏越大祓・不二山おやま開き前夜祭 斎行・開催

去る6月30日、全国の神社でも斎行されているように、当社でも今年の上半期の間に、自らが知らず知らずの間に犯してしまい、積もり積もった罪・穢れを祓う神事・夏越大祓を斎行した。
当日は、神社の役員総代・氏子青年会のほか、訪れていた参拝者の方が加わっての斎行となった。
先ずは、午後4時から社殿にて祭典を行った後、神門下に設置された茅の輪の前へ移動し、こちらで一般の方は合流した。
神職から各位に切麻(きりぬさ)・人形(ひとかた)が配られた後、神職による大祓詞奏上に耳を傾け、心を集中した。
奏上後は、人形を手にとって全身を隈なく撫でることによって、調子の悪いところなどを人形に移し、息を三度吹きかけて自身の分身とするのである。
そして、切麻を右手で少し手にとって自らの左に撒き、もう1度切麻を少し手にとって自らの右に撒き、最後にもう一度切麻を手にとって左に撒くことで自らの厄・罪・穢れを祓うのである。
その後に人形は回収され、神職により人形・神職・参列者を祓った後、白布を八つ裂きにする儀式を行った。
そして、神職の先導により茅の輪を8の字に三回潜った。
一般的に、潜る際には「みなづ水無月の 夏越の祓ひ する人は 千歳の命 延ぶといふなり」と唱えた後、「蘇民将来・蘇民将来」と唱えながら潜る。
しかし、当社で大祓式の際に潜る場合には、かつての富士講の人々に肖って「六根清浄・六根清浄」と唱えながら潜るという違いがあるが、いずれも間違いではない。
茅の輪潜りが終わった後には、神職の手によって集められた人形は信しげの滝(当社境内を走る滝)で流され、罪・穢れが海の彼方へ流され、祓われることが祈られた。

合わせて、午後4時からは氏子青年会主催により「不二山おやま開き前夜祭」が開催された。
後日改めてその正当性などを筆者個人の立場で記させて頂くが、今年の富士山登山道須走口の開山式は、行政指導・都合により7月10日へ移動となった。そのため、本来の山開きの日である7月1日の前夜・6月30日に開催されていた前夜祭も、日にちの変更などが検討され、さらには行政への配慮・苦慮がなされた結果、従来通りの6月30日開催となったものの、名前を一部変更して「不二山おやま開き前夜祭」となった。
この場をお借りして、氏子青年会の皆様には多くの詮議と御厚情を頂いたこと、厚く御礼を申し上げたい。

内容は、従来通りのものとなったが、富士山世界文化遺産登録記念として盛大に行われた昨年よりは若干の規模縮小・本来の規模での開催となったが、東北・東松島の方々の協力と出店が出されたほか、多くの地元の方、氏子青年会員の方の御協力を頂き、多くの出店が立ち並び、講堂ではお茶のおもてなしと琴の演奏が行われるなどして、終始例年以上の賑わいを見せた。
とくに、最後の福もち撒きでは、例年以上の賑わいを証明するが如くの、小学生はじめ多くの地元の方々がお見えになられ、餅まきの時間を楽しんでした。

当初は平日開催ということもあって人の入りが心配された前夜祭ではあったが、終わってみれば昨年に負けない大盛況ぶりであり、前夜祭がこのい須走地区にしっかりと根付いたことを確認出来る日となった。
当日に御参集頂いた一般の方は勿論、準備・運営をなされ、地元に根付く神賑行事を築かれた氏子青年会の皆様に、深く感謝を申し上げる次第である。

P62901391212.jpg P63001571212.jpg P63001521212.jpg P63001461212.jpg




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富士山東口本宮 冨士浅間神社

Author:富士山東口本宮 冨士浅間神社
桓武天皇の時代・延暦21(802)年、富士山東脚が噴火し、雷鳴・地震が終日止まず人々恐れおののいて仕事も手につかない日々が続いた。

依って国司郡司が人々の憂いを憐れみ、鎮火の祈願を行うために富士山東面・須走の地(現在の社地)に斎場を設け、祭事を行った。

すると、翌年4月初申の日に噴火がおさまった。そして、平城天皇の時代・大同2(807)年、その鎮火祭の跡地(現在の社地)に鎮火の御礼のため神を祀ったと伝える。

当社は、富士山須走口登山道の起点となる「富士山東口(=須走口)本宮 冨士浅間神社」である。
氏子を始め富士山を信仰する人達、富士山を登拝する人々の深い崇敬を集めている。

御祭神は、鎮火・子授・安産・子育の女神・木花咲耶姫命。
合わせて、大己貴命・彦火火出見命の2柱を祀る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR