fc2ブログ

富士山須走口 開山式の斎行

去る7月10日、小山町観光協会主催により、富士山の登山道の1つ・須走口の開山式が、小山町・須走地区それぞれの関係諸団体御参列の下、午前10時より当社社殿にて斎行された。
祭典前には富士山まつりとして、須走小学校児童などによって須走本通りでパレードが行われ、その中には須走旅館組合によるかつての富士講の一団に扮した団体が、「六根清浄、御山は晴天」の掛け声とともに太鼓を叩きながら加わり、社殿前にてお祓いを受けた後、須走口五合目・古御岳神社へと向かって行った。

従来は7月1日に必ず行われていた祭典であるが、今年は静岡県の行政施策の一環として、10日に繰り下げての斎行となった。
繰り下げることになった大きな理由は、「7月1日での開山式をしても、残雪により頂上まで登ることが出来ないことがよくある。そのため、その間にも多くの問い合わせがあることから、残雪がほとんどないだろう10日に開山式を行えば、そのような式と登山開始の間の空白の時間は無くなる」とのことであった。
当初は、静岡県の須走口・富士宮口・御殿場口、山梨県の富士吉田口・河口湖口の5つの登山道すべてが統一して開山式を行う予定であった。
その後、富士山の世界遺産関係の作業部会によりあれよあれよと二転三転し、気付けば山梨県との統一はおろか、静岡県でも須走・富士宮では10日、御殿場では1日と足並みが揃わないこととなった。
そして、肝心の富士山でも頂上付近は残雪が多く、10日の開山での須走からしか頂上に登れないこととなった。

結果的には、1日でも10日でも富士山を登ることが出来るのは一部の登山道であり、従来と変わることはなかった。
そればかりか、新聞やテレビなどでも報道されている通り、混乱ばかりが先行してしまい、それを地元のせいと言うようなメディアも存在した。
本来の富士山開山の日は7月1日であり、日本全国の多くの山々でもこの日に開山が行われる。
さらに、富士山が世界文化遺産に登録された段階では、やはり7月1日こそが開山式であった。
文化と伝統を重んじる世界文化遺産となったからには、やはり行政にはその立場と観点を以て諸施策に挑んで頂きたいところである。
当社は神社としての使命の1つである、日本の文化・伝統の護持、そして後世に伝える立場にあるからこそ、7月1日の開山を大切していきたいと考え、その結果として7月1日には開山奉告祭を斎行した。
どうか、皆様に於かれても富士山本来の在り方、そして文化・伝統という在り方に注目して頂ければ、有り難い限りである。

P7100013.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富士山東口本宮 冨士浅間神社

Author:富士山東口本宮 冨士浅間神社
桓武天皇の時代・延暦21(802)年、富士山東脚が噴火し、雷鳴・地震が終日止まず人々恐れおののいて仕事も手につかない日々が続いた。

依って国司郡司が人々の憂いを憐れみ、鎮火の祈願を行うために富士山東面・須走の地(現在の社地)に斎場を設け、祭事を行った。

すると、翌年4月初申の日に噴火がおさまった。そして、平城天皇の時代・大同2(807)年、その鎮火祭の跡地(現在の社地)に鎮火の御礼のため神を祀ったと伝える。

当社は、富士山須走口登山道の起点となる「富士山東口(=須走口)本宮 冨士浅間神社」である。
氏子を始め富士山を信仰する人達、富士山を登拝する人々の深い崇敬を集めている。

御祭神は、鎮火・子授・安産・子育の女神・木花咲耶姫命。
合わせて、大己貴命・彦火火出見命の2柱を祀る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR