fc2ブログ

平成28年 冨士浅間神社例大祭の御報告

【冨士浅間神社 例大祭】
去る、皐月・5月4・5・6日には、当社の年間最大祭典のである、例大祭を斎行・開催した。
改めて、氏子の皆様より選任された25名の祭典委員の皆様はじめ、祭典に参加して頂いた地区の関係団体、生徒・児童の方々にも、神社職員一同、心より深く御礼を申し上げる次第である。誠にありがとうございました。

先ず、4日には前夜祭を午後6時から斎行した。
これは、本日である5日の天候や、参加する方々の安全無事を祈念する祭典である。
この際には、本日5日の早朝より地区中を神輿で練り歩く子供会や、神幸祭の折に富士山神輿を担ぐ青年団の代表なども参列し、担ぎ手の安全も共に祈念する。

AAA_3934.jpg AAA_3959.jpg


次に、5日・本日(ほんび)には、例大祭・本殿祭を午前10時より、例大祭・神幸祭を午後1時より斎行した。
本殿祭は、例大祭の間にいくつか行われる祭典の中でも最も重要なものであり、この祭典そのものが例大祭なのである。
須走地区はじめ小山町の各関係団体や、近隣の神社またその地区の御代表などにも参列を仰ぎ、社殿の中狭しという満席の中で祭典が行われる。
このときには、神職とともに、氏子の代表である神社氏子総代の当番により、伝供(でんく)と呼ばれる方々により、神饌(=神様へのお供え物)を御本殿の御扉の中まで運び入れ、供するのである。
又、当社には御本殿の扉は3つ、御祭神3柱それぞれの扉があり、例大祭のときのみ、すべての扉が開けられる。
本来の祭典であれば、神饌を供えたら、祝詞奏上・玉串拝礼の後に、神饌を撤することを行うが、この日は神幸祭が午後に控えていることから、撤することはしない。

AAA_4010.jpg AAA_4014.jpg AAA_4016.jpg

神幸祭は、例大祭の間にいくつか行われる祭典の中で、最も華やかかつ人目に触れるものであり、この須走地区最大の催し物の1つといっても過言では無いほどの賑わいを見せる。
陸上自衛隊富士学校音楽隊を先頭に頂き、祭典委員や神職・総代により神輿行列を組み、その後ろを地区の稚児行列、青年団や中学生による富士山神輿、須走小学校金管バンドなどが次々に隊伍を組んで、神社前の須走本通りを進んで行く。
折り返し地点にて御旅所祭と呼ばれる祭典を行い、休憩後に出発のための祭典をして再び神社に上がっていく。
復路では多少参加する団体は減っているが、それでも賑わいを見せて、神賑行事と呼ぶに相応しい様相を見せる。

AAA_4070.jpg DSC_0219.jpg DSC_0242.jpg AAA_4109.jpg AAA_4158.jpg

尚、本日の夕方からは、演芸の部と称して毎年舞台を設置・演芸が披露される。
今回は、神社大駐車場にトレーラーハウスを用意し、その前に椅子を配したり、少し離れたところに屋台の店舗を置いて、お集まり頂いた方々が見やすく、楽しめることを念頭に準備がなされた。
演芸も、手品や歌謡など幅広く行われ、多くの賑わいの声に包まれながら、終演を迎えた。

DSC_0261.jpg DSC_0284.jpg DSC_0271.jpg DSC_0285.jpg DSC_0288.jpg


最後に、6日の後日祭では、例大祭や神幸祭などが安全無事・無事故などで円滑に斎行・開催出来たことを感謝するとともに、今後とも祭典委員はじめ須走地区をお守り戴くよう祈念する祭典であり、例大祭最後の祭典となる。

この例大祭は、年によって微妙に内容が違う祭典であり、その塩梅は祭典委員による企画のためである。
皆様方に於かれては、そうした年毎の差異も楽しんで頂きながら、冨士浅間神社の例大祭に触れて頂きたい、そう思う次第である。

尚、本年は不慮の事態により、宮司不在での祭典斎行となり、禰宜が代わって斎主を務めさせて頂いた。
その関係から、不備な点も散在する形となり、当日御参列・御協力頂いた皆様方に対しては、何かとご迷惑をお掛けすることとなった。
最後に、この場をお借りして深くお詫びを申し上げる次第である。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富士山東口本宮 冨士浅間神社

Author:富士山東口本宮 冨士浅間神社
桓武天皇の時代・延暦21(802)年、富士山東脚が噴火し、雷鳴・地震が終日止まず人々恐れおののいて仕事も手につかない日々が続いた。

依って国司郡司が人々の憂いを憐れみ、鎮火の祈願を行うために富士山東面・須走の地(現在の社地)に斎場を設け、祭事を行った。

すると、翌年4月初申の日に噴火がおさまった。そして、平城天皇の時代・大同2(807)年、その鎮火祭の跡地(現在の社地)に鎮火の御礼のため神を祀ったと伝える。

当社は、富士山須走口登山道の起点となる「富士山東口(=須走口)本宮 冨士浅間神社」である。
氏子を始め富士山を信仰する人達、富士山を登拝する人々の深い崇敬を集めている。

御祭神は、鎮火・子授・安産・子育の女神・木花咲耶姫命。
合わせて、大己貴命・彦火火出見命の2柱を祀る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR